0%

お父さん、お母さんへ

「こんなはずじゃない」と思われていませんか。
たとえば……
l
成績が伸びない
l
勉強しなくなった
l
無気力、無関心
l
ゲームをしてばかり
l
目標がない
l
親子で会話をしなくなった
l
何を考えているのかわからない
l
学校が信頼できない
そんな時こそ、チャンスです!
そして、桜咲く日へ、いっしょに進みましょう。
About

思考塾の特徴

1.失敗・挫折が思考力錬成の好機

*失敗によって強制・管理を見直す

*失敗によって本来の才能に気づく

*失敗によって学びの意味を見出す

*失敗お宝ノート(各教科)

「反省こそ自力をつける。自分の歩みを自分で認める」

1.失敗・挫折が思考力錬成の好機

*失敗によって強制・管理を見直す

*失敗によって本来の才能に気づく

*失敗によって学びの意味を見出す

*失敗お宝ノート(各教科)

「反省こそ自力をつける。自分の歩みを自分で認める」

2.無気力は気力の裏返し

*頑張ったから今がある

*無気力の前に全力あり!
無気力の後に覚醒あり!

*「子供・親・大竹」の三人スクラム

*親が考え方を反転させることから始まる

「ダウンしたのは無理をしたから。
一旦休めて良かった」

「結果も大事だが、第一歩が最も大事」

3.宿題で縛らず好奇心で自走させる

*ゲーム性で目標達成へ!

*まずは本屋へ!そして市販の参考書を使う

「口コミがいいものではなく、気に入ったものを選ぶ」

*自ら動き、探す

*管理・評価ではなく承認

*小さなノート(子供用)

「目標は小さなことから。失敗も成功も小さなことから。日々の記録」

3.宿題で縛らず

好奇心で自走させる

*ゲーム性で目標達成へ!

*まずは本屋へ!そして市販の参考書を使う

「口コミがいいものではなく、気に入ったものを選ぶ」

*自ら動き、探す

*管理・評価ではなく承認

*小さなノート(子供用)

「目標は小さなことから。失敗も成功も小さなことから。日々の記録」

4.授業時間外でも伴走する

*小さなノート(親・大竹用)

「プラスのみ!嬉しい発見・感動・成長を記録する」

「結果も大事だが、経過も大事」

4.授業時間外でも伴走する

*小さなノート(親・大竹用)

「プラスのみ!嬉しい発見・感動・成長を記録する」

「結果も大事だが、経過も大事」

5.勉強を「しない」時間

*「無気力は弛緩の時間」
弛緩の時間を積極的に作る。

*鎌倉での坐禅会(月に二回)

*大人と交わっての哲学対話

*長期休みの伊豆合宿

6.どんな小さな才能も見逃さない

*大竹稽との一対一哲学セッション

*表現者として子供を敬う

*作文例を発表

*哲学対話ノート(親子共有)

6.どんな小さな才能も見逃さない

*大竹稽との一対一哲学セッション

*表現者として子供を敬う

*作文例を発表

*哲学対話ノート(親子共有)

7.フランスの教育環境を応用

*フランスの寓話から論理の型を学ぶ

*フランスの寓話から視点を得る

*モンテーニュから判断力を学ぶ

7.フランスの教育環境を応用

*フランスの寓話から論理の型を学ぶ

*フランスの寓話から視点を得る

*モンテーニュから判断力を学ぶ

8.循環型勉強

*生徒同士で学び会い

*生徒(あるいは大竹)に教える

9.親の勉強会を定期的開催

*小さな教育相談会 於菊名駅近くの寺院

*小さな教育相談会 於保土ヶ谷駅近くの寺院

*小さな教育相談会 於屏風浦駅近くの寺院

*横浜パズル寺 西区の寺院

9.親の勉強会を定期的開催

*小さな教育相談会 於菊名駅近くの寺院

*小さな教育相談会 於保土ヶ谷駅近くの寺院

*小さな教育相談会 於屏風浦駅近くの寺院

*横浜パズル寺 西区の寺院

Principal

塾長 大竹稽

教育者、哲学者

1970年愛知県生まれ 旭丘高校から東京大学理科三類に入学。五年後退学。

その後、大手予備校で授業をしながら作文指導塾を始める。
三十代後半で、再度、東大大学院に入学。そこでフランス思想を研究した。
専門テーマは、モンテーニュ、パスカル、実存の哲学者たち。

大学院退学後は「お寺での哲学教室」や「お寺での作文教室」を開いている。
編著書『超訳モンテーニュ』『読書感想文書き方ドリル(2014年から毎年)』などテレビやラジオなどの出演多数。

無料教育相談会のご案内

お母さんたちの悩みを聞き取り、
それにお答えする「無料教育相談会」を開催しています。